2021年10月8日

政権合意


日本共産党と立憲民主党は、(1)次の総選挙において自公政権を倒し、新しい政治を実現する(2)「新政権」において、市民連合と合意した政策を着実に推進するために協力する。その際、日本共産党は、合意した政策を実現する範囲での限定的な閣外からの協力とする(3)両党で候補者を一本化した選挙区については、双方の立場や事情の違いを互いに理解・尊重しながら、小選挙区での勝利をめざすの3点で両党が協力することで合意しました。
 
日本共産党の99年の歴史で、こうした合意を得て総選挙をたたかうのは初めてのことです。2015年9月の「安保法制(戦争法)」強行成立以来6年間、市民と野党が協力して新しい政権の実現を訴え、それぞれの地域で、それぞれの思いを束ねて、諦めずに活動してきた皆さんお一人お一人の行動が生み出した画期的な合意です。野党連合政権に向けて大きな一歩を踏み出す合意を得られたことを喜び合いながら、総選挙での勝利を必ず勝ち取る決意に燃えています。
 
志位委員長の言葉が胸に響きました。「私たちは、大臣のポストがほしくてやっているわけではない。日本の政治が変わればいい。」市民連合と4野党で交わした国民の命や暮らしを守る「共通政策」の実現のために、トコトン力を合わせ頑張ります。かたや、自民党はコロナ禍でも派閥争いに終始し、新総裁のもとでの人事も「第3次安倍内閣」などと揶揄される始末。この政治、今度こそ変えよう!

2021年10月8日 よう子記

新着記事

YOU気りんりん!
政権交代をはじめよう
YOU気りんりん!
書きためた声 「勝手にせいよ!」
YOU気りんりん!
政権合意
  • 過去記事一覧

PAGE TOP