日本共産党白川よう子

衆議院比例代表四国ブロック候補
党中央委員 元香川県議

STORY

 四国の皆さん、私は次期衆議院議員四国ブロック比例代表選挙の予定候補の白川容子です。私は現職(4期13年)の香川県議会議員です。現職県議で、しかも高知県以外の候補者というのも、これまでの四国ブロックの候補者としては全く新たな挑戦となります。不安もありますが、自分自身も大いなる挑戦!全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 私は2000年の総選挙では四国比例の2番目の候補者として四国の皆さんにお世話になりました。次期総選挙は2003年以来無くなっている四国の日本共産党の議席を取り戻し、安倍政権の暴走をストップさせる選挙戦となります。山原健二郎さんや春名なおあきさんの思いを受け継ぎ、必ず議席を奪還します。そして先の参議院選挙で生まれた「市民+野党」の共闘を本格的な前進へと進めるためにも頑張り抜く決意です。

 私は徳島県の出身で、四国で生まれ育ちました。結婚と同時に香川に移りましたが、一貫して医療・福祉の現場で頑張ってきました。医療・介護・社会保障の改悪に次ぐ改悪。目の前の命を救いたいと闘い続けてきました。

 「全ての人が幸せに生きられる社会」をつくることが私の人生の大きな課題です。これまで医療現場でも、地方政治の場でも、こうした「人の幸せ」の根本に政治があることを目の当たりにしてきました。国の悪政を命と暮らしを守る方向へと、しっかりと切り替えていく。愛する四国の声をしっかりと国政へと届けるパイプ役となる。この仕事をやるために県議の職を賭しても闘う覚悟を決めました。

 今後、私の人となりを知っていただけるよう、これまで生きてきた半世紀の歩みを「白川よう子STORY」として連載させて頂きます。つたない文章ですが、どうかお付き合いください。よろしくお願いいたします。


PAGE TOP